鋼板製ダッチオーブンのシーズニング方法

今回は鋼板製のダッチオーブンのシーズニング方法についてご紹介いたします。

まず、鋼板製のダッチオーブンはとても錆びやすいです。
そこで、シーズニングという作業をすることで錆び止めを行います。

スポンサーリンク




シーズニングの方法について

実はシーズニングと一言で言っても、
購入直後に行うシーズニングと使用後に行うシーズニングでは
方法が若干異なります。

購入直後のシーズニング

①食器用洗剤を使用してゴシゴシと洗う

購入直後のダッチオーブンには、防腐剤や錆止めなどが塗ってありますので
まずはこれを落とす作業を行います。

②水を張って沸騰させる

③沸騰したお湯を捨てる

②と③、これを2~3回繰り返します。
私は面倒なので1回しかしませんでしたが(笑)

注意!
沸騰したお湯を捨てた直後に冷水を入れないこと。
温度差で亀裂が入ったり割れてしまうことがあります。

既にお湯を入れるぶんには問題ないので、繰り返し行う場合は、
別途、やかんなどでお湯を沸かしておくとスムーズに作業を進められます。

④比較的匂いが強めの野菜を油で炒める

野菜を炒める行為には、鉄独特の臭いを軽減する効果があります。

⑤野菜を捨て、全体に油を薄くまんべんなく塗る

⑥熱して油を馴染ませる

加熱直後は白い煙が出ますが、
油がなじんでくると煙が徐々に減っていきます。

⑦冷ます

⑧新聞紙でくるんで収納袋などにしまう

ポイント!
新聞紙は湿気を吸収する効果があるため、錆防止に役立ちます。
また、臭いを吸収する効果もあります。
自宅に新聞紙が余っているようであれば、是非活用してみてください。

使用後のシーズニング

①水、またはお湯で汚れを落とす

たわしでゴシゴシしても大丈夫です。
事前にお湯を沸騰させて、熱湯で付けおきしておくと、汚れが落ちやすいです。

注意!
洗剤は絶対に使わないこと!

②熱して水分を飛ばす

③くず野菜を炒める

野菜が焦げなどの汚れを吸収してくれます。

④野菜を捨て、全体に油を薄くまんべんなく塗る

⑤熱して油を馴染ませる

⑥冷ます

⑦新聞紙でくるんで収納袋などにしまう

④~⑦の工程は、初回シーズニングと同じです。

以上です。

ダッチオーブンのシーズニングまとめ

最初はシーズニングなんて面倒だなぁ。
と思うかもしれませんが、
慣れてしまえば、さほど手間ではありません。
むしろ愛着が湧いてくるようになります。

数ヶ月後に開けたら、ダッチオーブンがサビだらけ!!
なんてことにならないように、シーズニングは必ず行いましょう。

ちなみにダッチオーブン以外の鋼板製スキレットなども
シーズニングの手順は同じになります。

いつもありがとうございます

最後まで読んでくださり、ありがとうございますm(_ _)m
クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

鋼板製ダッチオーブンのシーズニング方法
Facebookにてブログの最新情報を配信中!
いいねしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク