キャンプを始める為の資金はいくら必要なのか。初期投資にかけた金額を計算してみた

こんばんは。よっちんです。

まだキャンプ経験があまり無いのにキャンプ道具が少しづつ増え続けています。
物欲が止まらず、かなり重症です。

流石にこれ以上お金をかけられないので、
自分で作れるものは、でるだけ安く材料を集め
DIYする方針に変えようと思っているこの頃です。

ということで、最低限必要な道具を揃えるのに
いったいどのくらいかかったのかを計算してみました。

これからキャンプを始めたい!
という人の参考に少しでもなれば幸いです。

スポンサーリンク




キャンプ道具を揃えるのにかかった金額

以下、キャンプを始めるために最低限必要そうな道具を買った際の合計金額です。

商品と金額の一覧

商品金額
コールマン BCクロスドームテント\18000
ロゴス グランドシート\2200
キャプテンスタッグ インナーマット\3800
ユニフレーム REVOタープL(中古)\17000
Bears Rock 3シーズン用 シュラフ(4人分)\16000
コールマン グリル台\3500
ノーブランド 焚火台\2500
カセットコンロ\3000
ガスボンベ\600
耐熱グローブ\1500
ジェントス LEDランタン 1000ルーメン\4000
ジェントス LEDランタン 280ルーメン(2個)\5000
手持ち懐中電灯(4人分)\1200
キャプテンスタッグ アルミテーブル\4000
ノーブランド アウトドアテーブル 120×80cm\3300
ドン・キホーテ 折りたたみ式チェア(4人分)\4800
コストコ 多目的ボックス大\1500
ビバホーム コンテナボックス\2400
プラスチック食器類(4人分)\2000
調理器具\4000
合計\100300

合計金額は約10万円

実際に我が家が買いそろえた道具で計算しているため、
ノーブランド製などの商品も多数含まれています。

すべてコールマンやスノーピークなどの有名アウトドアブランドで揃えたら
こんなもんじゃ済まないってことですね。

最初は無くても良いもの含まれている

タープ

タープは、ヘキサタープやスクリーンタープなどの種類があり
形状や大きさも様々ですが、以下の役割はほぼ共通です。
・日影を作る
・雨をしのぐ

日影の多いキャンプ場に行く、真夏はキャンプには行かない、
雨が降ったらテント(or 車)の中で過ごす、雨キャンプは行かない、など
ある程度の犠牲を払えば、
タープが必ず必要かと言われれば、最悪、無くてもキャンプ自体はできると思います。

ただ個人的にはあるに越したことは無い。といいますか
キャンプをずっと続けるなら何れ必要にはなると思います。

ちなみに、購入するテントがツールームの場合は、
タープは無くても問題ありません。

テントとタープを買わずに、最初からツールームテントを購入してしまうというのも
アリかも知れません。
※私自身、ツールームテントを使ったことがないので、どっちのほうがいいかは分かりません。

焚火台

焚火台は、焚火をしなければ不要です。

個人的には、キャンプに行ったら夜に焚火を囲んでまったりする。
という憧れがあったので初キャンプ時に購入しています。
ただし、初キャンプでは慣れないことだらけで
正直、焚火を囲んでまったりするなんていう心の余裕はあまりありませんでした(笑)

実際にキャンプをしてみてから購入しても遅くはないと思います。
ちなみに自宅にBBQコンロなどがあれば、焚火台の代わりに使用することも可能です。

カセットコンロが大活躍

上級キャンパーさん達は、かっこいいバーナー系のギアを持っていますが
初回に購入するとその分、初期投資が増えます。

我が家では、初期投資をできるだけ抑えるために、
バーナーの代わりにキャンプ専用にカセットコンロを調達しました。

炭や直火でも料理はできますが、
お湯を沸かしたり、ちょっとした炒め物をするときなどは
やはりガス火のほうが便利です。

まとめ

我が家で購入しているギアやキャンプ道具は、
キャンプビギナー向けの物だったり、ノーブランドだったりと
比較的、費用は安く抑えられているほうだと思います。

ただ、
最初から良いものを揃えましょう!

という上級キャンパーさんたちからのアドバイスもたくさん頂くので
ノーブランド製を勧めるかと言われたら、そうではありません。

結局はお金がかかるものなので
自身にどのくらい余裕があるか次第だと私は思います。
身の丈に合った道具を揃えればいいと思っています。
※ただし、必要最低限の道具は必要です。

道具を揃える前に、キャンプってどんな感じかを知りたければ
キャンプ道具のレンタルサービスを利用するのも良いと思います。

正直、キャンプは実際に行ってみないと、
分からないこともたくさんあると思っています。
だから行くたびに欲しいギアや道具が増えるんでしょうね。

これからキャンプを始めようとしている方に少しでも参考になれば幸いです。

我が家で買ったキャンプ道具

コールマン BCクロスドームテント 270

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コールマン Coleman テント 大型テント BCクロスドーム/270 2000017132
価格:18090円(税込、送料無料) (2017/7/25時点)

ロゴス グランドシート

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート200 84960101【あす楽対応】
価格:1566円(税込、送料別) (2017/7/25時点)

キャプテンスタッグ インナーマット

ユニフレーム REVOタープL

Bears Rock 3シーズン用 シュラフ

ジェントス LEDランタン 1000ルーメン

ジェントス LEDランタン 280ルーメン

スポンサーリンク




コメント

  1. なんて恐ろしい記事でしょう…!

    とてもじゃないですが、怖くて計算できませんw
    果てしなく物欲が湧きますよね…

    これから始めようという方は、まず全てレンタルでやってみて、
    続けようと思ったら良い物をがっつり買っても良いかもですね。

    すぐに買い換え欲が沸いてしまうので…w

    • yocchin より:

      こんにちは!

      こういうのって恐ろしいですよねw
      現実逃避したくなりますw

      そうですねー。
      まずは実際にキャンプしてみて必要だと感じたら買うのが良いですかね。

      というか、記事で挙げた道具は、あくまで初期投資で買ったものなので、
      その後もスクリーンタープだったりロールテーブルだったり、道具は順調に増えております(T_T)

      本当に必要な物を見極めるって難しいですね。
      なんでもポチりたくなります(^。^;)