ラウンドスクリーン400EXプラスのシームテープを補修した!!

こんばんは。よっちんです。

ついに中古で買ったラウンドスクリーン400EXプラスの
シームテープを補修してやりました!!
満足のいく仕上がりです。

それでは、作業の一部始終をどうぞ。

スポンサーリンク




作業前の準備

ラウンドスクリーン400EXプラスを広げる

まずは、ラウンドスクリーン400EXプラスを補修しやすいように広げます。

ちなみに気温は34度・・・。
もはや広げるだけで死にそう・・・。
外でお仕事している方、マジで尊敬します。

いやはや、ラウンドスクリーン400EXプラス、でかいです。
広げるだけで一苦労。

なんかぐちゃぐちゃですが、ひとまず広げ終わりました。

シームテープを準備する

先日、Amazonで購入した

キャプテンスタッグのシームテープ

ついに使う時がやってきました。

ジャーーーン!!

開封します。

シームテープの取り出しに苦労する

ん・・・?

!?
ぬ・・・抜けない(´・ω・`)

なんてこったい。

仕方ないので。。。
チョキチョキして。

結果、こうなりました。

小さい子が開けたみたいな状態に(笑)

いや、本当に硬くて抜けないんです。
周りに誰もいないので、「くそっ!」とか言ってみたり。
炎天下の中、さすがにイライラしました(笑)
ホント、完全に無駄な労力。。。

作業開始

アイロンでシームテープを再接着

さて、これで準備が整ったので、
気を取り直して補修作業開始です!!

まずは、シームテープが浮いている個所を探します。

所々こんな感じでシームテープが浮いてしまっています。

上記写真のように、
多少浮いた部分はあえて新しいシームテープに張り替えることはせず
現状のシームテープにアイロンを当てて再接着しました。

シームテープの上にハンカチを当てて、アイロンをあてがうこと数秒。

こんな感じできれいにくっつきました!!

思ったよりきれいにくっついたので、ちょっと感動しました。

そして、縫い目に沿ってこれをひたすら繰り返します。
縫い目多すぎ・・・。

アイロンの設定温度について

ちなみに、アイロンの設定温度ですが
キャプテンスタッグの使用説明欄に「低温(120度)」と記載されていたので
とりあえず低温設定で作業を行いました。

シームテープを剥がして貼りなおす

そしてついに問題の四隅部分の補修です。

↓↓赤丸の部分。

ここは豪快にシームテープが剥がれ落ちています。
もはや浮いている。という表現は不適切なレベル。

汚らしく剥がれています(笑)

さすがに再接着できるレベルではないので、
古いシームテープは豪快に剥がし、
剥がした個所を濡れタオルで汚れを落とした後に、
新しいシームテープを貼っていきます。

ここで問題が発生。

接着されない

アイロンの「低温設定」では全く接着してくれない。。。

再度、商品裏面の説明欄を読むと、
「シームテープの着きが悪い場合は、温度を少しづつ上げてください」
とあります。

なら少し上げてみるか。

いや、まてよ。
我が家のアイロン。

温度設定が、低、中、高、の3パターンしかありません!!!
低の次は中となり、徐々に上げることができません(笑)

まあ、仕方ない。
恐る恐る温度設定を中にして再度試してみたところ・・・

きれいに接着されました!!

かなり良い感じです。
この勢いで他の四隅も張り替えを行い、
なんとかシームテープの張り替え作業完了!!

ここまでかかった時間
計3時間

冗談抜きで、暑くて死にそうです。

でも、今日はこれで終わりではありません。

ポロンTを塗る

前準備

肝心の撥水加工が残っております。
そうです。ポロンTを塗るのです!

事前に100均で刷毛も購入し、準備万端です。

まずは、撥水加工を施す前に汚れを落とす作業から。
濡れた雑巾で表面の汚れを拭いていきます。

ここで、ふと疑問が。

あれれ?
雑巾から垂れた水滴が。。。


思った以上に撥水してる!?!?
なんかしっかり水弾いてますけど。。。

やっぱやめとく?

シームテープの補修作業で既にクタクタの中、
頭の中に悪魔のささやきが聞こえます。

悪魔のささやき
とりあえず弾いてることだし、今日はもうよくね?

・・・

悪魔のささやき
雨の日にキャンプしてみてダメだったら考えればいいじゃん

はい。そうします。今日はもうやめます。

はい。作業、終了!!!(笑)

作業中断

もう、本当に暑く無理です。
ポロンTは後日試すことにします。
ごめんなさい。

でも、シームテープは補修できたので、
少しは雨に耐えてくれると信じてます!!

もし雨キャンプに行くことになったら、経過をご報告しますね!

あ、結局、シームグリップも使ってない(笑)

キャプテンスタッグ シームレステープ

撥水剤(ポロンT)

キャプテンスタッグ シームグリップ

スポンサーリンク




コメント

  1. と☆の より:

    はじめまして♪

    先日ランドスクリーンを売ったのでもしかしてと思ってブログを拝見させて頂きました。
    うちの方がボロボロだったので違いましたがw

    炎天下の作業お疲れ様です
    この時期の外での作業は危険ですよ。
    撥水加工はしなくて良かったかもしれないですねw

    • yocchin より:

      と☆のさん

      初めまして!コメントありがとうございます!

      ラウンドスクリーンタープを売られたんですねー。
      我が家では、まだキャンプ場でお披露目していないので次のキャンプが楽しみです。

      この時期、確かに外作業は危険ですね。
      撥水加工は時期的に涼しくなってから検討してみます。
      それにしても、猛暑日にもかかわらず片手にアイロン持っている姿は
      周りから見たらかなりシュールだったと思いますw

      ブログお邪魔させていただきます^^

  2. こんにちは(^^)

    暑い中、補修作業お疲れ様でした!
    悪魔の誘惑に速攻で負けてるのがウケますw

    実際、今も水弾いてるなら十分ですよね~。
    染みてくるようならポロン塗布で良いんじゃないでしょうか!

    • yocchin より:

      みーこパパさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      いやはや、普段、室内で仕事している軟弱者には耐えられない暑さでしたw
      真夏にやるもんじゃないですね。
      日差しとアイロンの熱で完全にやられました。

      撥水は実際のところ、まだ染みずに弾いていたので
      しばらくはこのまま試運転してみようと思います^^